• ホーム
  • パンダアップデートの内容とSEO対策

パンダアップデートの内容とSEO対策

パソコンを使用する女性

2011年2月に、Googleは検索結果のヒットや順位を決定するアルゴリズムに大幅な変更を実施しました。
この大幅なアルゴリズム変更は「パンダアップデート」と呼ばれ、従来とは異なる方法でサイトやページの品質を評価して検索順位に反映されるようになりました。
パンダアップデートが実施されてから現在に至るまで何度かアルゴリズムが変更されていますが、基本的な方針は同じです。

従来は検索結果に表示されるページの順位は、単純に一致または類似するキーワードや被リンクの数で決められてきました。
以前は関連するキーワードの種類や量を増やせば検索結果の上位に表示されていたので、テキスト量が多い方が有利でした。
重複記事やコピーコンテンツが含まれるサイトでも、キーワードの数が多いので上位に表示されました。
内容の薄いコンテンツでも多くのページを作成することで、検索エンジンに登録されるインデックス数を増やして検索ヒット率を高くすることが可能でした。

2011年に実施されたパンダアップデートでは、キーワードの量を重視する従来の方式が改められました。
アップデート後には検索結果の順位はキーワードやテキスト量ではなく、コンテンツの質によって決定されます。
仮にテキストの量やページの数が少なくても、EAT(専門性・権威性・信頼性)の条件が整っていれば良質のコンテンツと評価されます。
逆にインデックス数を稼ぐためにコピーコンテンツを含んでいたり独自性が低いと、低品質とみなされてしまいます。

検索順位を上げるためには、独自性のある良質なコンテンツを作成することが必須です。
他のサイトと比較した場合の独自性も大切ですが、同一サイト内でも独自性が求められます。
サイト内の複数のページで内容が重複している部分が多いと評価が下げられてしまうので、注意が必要です。
ページ内に広告の割合が多くて独自コンテンツが少ない場合には内容が薄いと判断され、低品質とみなされてしまう恐れがあります。

Googleに良質のコンテンツとみなされるコツは、専門性・権威性・信頼性の3要素に十分配慮をすることです。
専門的な内容の記事を扱う場合には学者や有識者の監修を受けたり、学術論文や教科書を参考にすると良いでしょう。
SNSで、サイトやページのURLが共有されることも大切です。
アフィリエイトサイトの場合は、広告を貼りすぎないように注意する必要があります。

関連記事