• ホーム
  • ペンギンアップデートの内容とSEO対策

ペンギンアップデートの内容とSEO対策

パソコンを見ながら悩んでいる男性

Googleは2012年4月に、ページの評価方法に関する大幅なコアアルゴリズムの変更を実施しました。
この変更はペンギンアップデートと呼ばれ、以後も変更が続けられてきました。
2016年9月以降はコアランキングアルゴリズムに統合されましたが、現在も基本的な考え方は同じです。

ペンギンアップデートにより、Googleガイドラインに違反する手法でSEO対策が実施されたサイトやページの評価が大幅に下げられました。
以前は検索順位を高くする目的で人為的に作成された不自然なバックリンクページをネット上に設置したり、隠しリンクが埋め込まれる手法が広く行われてきました。
これらの行為は「ブラックハットSEO」と呼ばれ、検索エンジンのプログラムの弱点を利用して検索順位を上げるための手法として使用されました。
ペンギンアップデート以前はブラックハットSEOの影響で良質のコンテンツの検索順位が低くなってしまい、ユーザーが不利益を受けていました。

ペンギンアップデートのコアアルゴリズムの主な変更点は、被リンクや隠し要素などが含まれたユーザーにとって不利益なページの評価を下げることです。
「悪質」とみなされるとGoogleペナルティの対象となり、インデックが削除されて検索結果に一切反映されなくなってしまうので注意が必要です。
サイトの評価を下げられないようにするためには、Googleガイドラインに違反する「ブラックハットSEO」とみなされる行為を避けなければなりません。

SEO対策を実施する際は、ページの評価が下げられるブラックハットSEOの内容を把握する必要があります。
ブラックハットSEOには、不自然なリンク・クローキング・隠し要素などの行為が含まれます。

「不自然な被リンク」とは被リンク数を稼ぐ目的で相互リンクを貼ったり、機械的にURLだけが貼られた無意味なスパムリンクです。
これは被リンク数を稼ぐための自作自演の行為とみなされます。

クローキングとは、リンク先として表示しているページとは別のサイトのURLが貼られた「騙しリンク」です。
サイト内の別のページに進むボタンに見せかけて、実際は別サイトに進むようなリンクです。
ユーザーを騙して広告をクリックさせる目的などで使用される場合があります。

隠し要素とは、ページ内のリンクやテキストの文字の色を背景色と同じに設定する行為です。
テキストの色を背景と同化させておくことで、サーチエンジンにのみ被リンクやキーワードを読み込ませて検索ヒット率を上げたり検索上位に表示させる手法が用いられてきました。

隠し要素やクローキングに該当するようなバックリンクは、ペナルティの対象とされます。
被リンクは誰かに勝手に貼られてしまうケースあるので、サイトを立ち上げた後も継続してメンテナンスを実施する必要があります。

関連記事