• ホーム
  • 大変動アップデートが及ぼす影響を意識してSEO対策をしよう

大変動アップデートが及ぼす影響を意識してSEO対策をしよう

パソコンの画面

従来のサーチエンジンでは、単純にキーワードのヒット率や被リンクの数だけで各サイトやページが評価されて検索順位が決定されていました。
従来はキーワードや被リンクの数が多いほど検索順位が高くなったので、多くのページを作成したり被リンクを意図的に増やすことが行われてきました。

2012年以降にGoogleが実施した大変動アップデートでは、被リンクの質やコンテンツの独自性・専門性が重視されて検索順位に反映されるように変更されました。
新たな基準によってサイト内外で重複した内容や質の低い被リンクが多いとみなされると、検索順位が下げられてしまいます。

従来の方法でSEO対策が行われてきたサイトの中には、Googleアップデート後に低品質と評価されて大きく順位変動をしたケースがあります。
順位変動の影響を受けて、アクセス数が激減してしまったサイトやページも少なくありません。

アフィリエイトサイトやマーケティングサイトではPV数が利益に大きな影響を及ぼすので、Googleのコアアルゴリズム変更に対応したSEO対策を実施することが大切です。
コンテンツやページ内容を一切変更しなくても、アップデートによる評価基準の変更でコンテンツが低品質とみなされる恐れがあるので要注意です。
小規模なアップデートであっても、コアアルゴリズムが変更されることで順位変動が起こる可能性があります。

サイトのアクセス数を維持するためには、Googleアップデートによるコアアルゴリズム変更に対して機敏な対応が求められます。
Googleではアップデートが実施される際に、新たな評価基準をインターネット上で公開しています。
このため、公表されている評価基準やガイドラインを参考にしながら適切なSEO対策を実施することが可能です。
順位変動によるアクセス数の減少を最小限に抑えるためには、アップデートでコアアルゴリズムが大きく変更された際はすぐに対応することが大切です。

近年はサイトやページの評価基準として、「量」よりも「質」の方が重視される傾向が強くなっています。
コンテンツの内容や被リンクの種類・質が重要視されます。
コンテンツの質以外にも、HTMLのタグの使用方法などのように技術的な事柄も検索順位に大きな影響を及ぼします。
効果的なSEO対策を実施するためには専門的な知識が必要なので、専門のコンサルタントや会社に依頼することができます。

関連記事
人気記事一覧