• ホーム
  • 検索順位を上げるためにできる外部対策とは

検索順位を上げるためにできる外部対策とは

サイトの質を高めるためには、より多くのユーザーに長期間にわたり価値のある情報を提供することが必要です。
検索順位を上げるためにはコンテンツの質を高めるための内部対策が大切ですが、それだけでは不十分です。
ペンギンアップデート以降は外部サイトに貼られた被リンクの質も評価対象に含まれるようになったので、外部対策も怠るべきではありません。

ペンギンアップデートでは、「ブラックハットSEO」に該当する悪質なスパムリンクや騙しリンクがあると評価が下げられてしまいます。
悪質行為に該当しなくても、関連性の薄いページからのバックリンクやスパムサイトに貼られた被リンクが多いと評価が下げられたりペナルティを受ける恐れがあります。
ペナルティを受けないようにするためには、評価を下げてしまうような不自然なバックリンクの排除も必要です。

効果的に検索順位を上げるために、コンテンツの内容に関連性が深い自然なリンクを多く獲得する方法があります。
本来の外部リンクの目的とは、サイト管理者がユーザーにとって有益な外部サイトの紹介をすることです。
ユーザーに優良な外部サイトを紹介することも、自分のサイトの質を高めるための効果的な方法のひとつです。
自然な被リンクが多いということは、他の多くの管理者から高く評価されていることを意味します。
自然な外部リンクはサイト管理者による「人気投票」なので、検索エンジンがページの価値を評価するための重要な指標です。

GoogleはSNSのコメントに貼られた被リンクの質も、サイトの評価に影響を及ぼすことを公表しています。
外部サイトだけでなく、SNSで自然に貼られたバックリンクを獲得することもSEOに有効です。

検索順位を上げるために有効な外部対策とは、良質な被リンクの獲得と不良リンクを排除する事の2点です。
定期的に被リンクをチェックするようにして、明らかにサイトの評価を下げるようなバックリンクを発見したら管理者に削除依頼をしましょう。
良質な被リンクを得るために、同ジャンルを扱う他サイトの管理者がリンクを貼りやすいようなバナー画像を用意することもできます。

中古ドメインを利用する場合には、購入する前に過去の履歴を確認することが大切です。
以前に高く評価された中古ドメインを利用すれば、短期間で検索上位に表示させるのに役立ちます。
使用する中古ドメインが過去にペナルティを受けていた場合には、ペナルティの解除と再審査の依頼をしましょう。

関連記事