• ホーム
  • 検索順位を上げるためには内部対策だけでは不十分

検索順位を上げるためには内部対策だけでは不十分

パソコンを見る女性たち

2011年以前であれば、Googleや他の検索エンジンで検索順位を上げるのにコンテンツに使用されるキーワード数や種類を増やす内部対策だけで十分でした。
ところが最近はキーワード数や種類だけでなく、サイトやページの品質も検索順位に大きな影響を及ぼします。
そして、特定のジャンルでコンテンツの品質が重視される傾向が強くなっており、検索結果の上位に表示させるためには、Googleが行うサイトの評価方法を把握した上で効果的なSEO対策を講じる必要があります。

SEO従来はページの構成やコンテンツに含むキーワードを工夫する程度でも、簡単にサーチエンジンの検索順位を上げることができました。
現在はサイトやページの評価方法が非常に複雑なので、SearchEngineOptimization(検索エンジン最適化)を実施する必要があります。
その手法はGoogleが実施するアップデートによって変化しますが、「高品質なコンテンツ」とみなされるための外部対策がより重要になっています。

E-A-T対策Googleは「高品質なコンテンツ」の特徴として、Expertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・TrustWorthiness(信頼性)の3つを上げています。
高品質なコンテンツを作るためのSEO対策は、それぞれの単語の頭文字を取ってE-A-T対策と呼ばれます。
アクセス数を得るためのSEOを実施する際は、EATを意識した内部および外部対策が求められます。

被リンクで信頼性の確保Googleはプログラムを用いてサイトの質を評価して、検索結果に反映しています。
アルゴリズムの変更により評価方法が変わる場合がありますが、アップデートの度に量よりも質を重視する傾向がみられます。
人間は記事を読むことで、コンテンツの信頼性を判断することができます。
プログラムは記事の内容だけで正確性や信頼性を判断することができないので、他のサイトに貼られた被リンク(バックリンク)の種類に基づいて評価が行われます。

「高品質なコンテンツ」とみなされるためには、コンテンツ内容と同じジャンルのページの被リンクを得ることが必要です。
バックリンクが貼られているページとの関連性が薄かったり、「問題のあるサイト」に被リンクがあるとサイトの評価が下げられてしまいます。
良質なバックリンクを得ることは、EAT対策に非常に重要です。

新たにドメインを立ち上げて良質な被リンクを得るためには、長い時間を必要とします。
短期間で「高品質なコンテンツ」と評価される方法として、中古ドメインが活用できます。
中古ドメインであれば既にGoogleにインデックスが存在していますし、中には質が高いサイトとして登録されていたケースもあります。
このような中古ドメインを活用すれば、短期間でサイトの評価が上げられます。
中古ドメインは専門的に販売しているサイトを使うか、自分で中古ドメインを検索することで購入できます。
販売サイトは質のいいものを揃えていますが、値段が高いことが多いので、格安で手に入れたいのであれば無料のツールなどを活用して自分で探してみるのも良いでしょう。
ただし、過去に手動ペナルティを受けた中古ドメインなどが紛れていることがあるので、注意してください。

関連記事