• ホーム
  • 記事作成の際に知っておくべき事-検索品質評価ガイドライン

記事作成の際に知っておくべき事-検索品質評価ガイドライン

検索上位に表示されるようにしてアクセス数を得るためには、内容の薄いページや不適切なバックリンクを設けないことが求められます。
これらに加えて、記事の品質を向上させてユーザーにとって有益なコンテンツを提供することも大切です。

Googleは記事作成に関して、「検索品質評価ガイドライン」を定めています。
これはユーザーにとって有益な情報を提供するためのコンテンツを作成するための指針で、品質の評価に大きな影響を及ぼします。
SEO対策を実施する際は、「検索品質評価ガイドライン」で評価が落とされる原因を把握しておくことが大切です。

低評価の原因として、不確かな情報が含まれる・タイトルが誇張されている(誇大広告など)・広告がメインコンテンツの注意をそらす、などがあります。
ユーザーを騙す意図がなくても、専門家や有識者の間で意見が分かれている内容を扱う場合には注意が必要です。
専門性の高い情報や考えを紹介するコンテンツを作成する際は、根拠や出典元を明示すると良いでしょう。

最新のGoogleの「検索品質評価ガイドライン」では、YMYL関連のコンテンツが他のジャンルよりもEATが重視されます。
お金や健康などのように生活や生命に直結する分野の記事が含まれる場合には、EAT(専門性・権威性・信頼性)を強く意識したSEO対策が求められます。

YMYL関連のコンテンツには、大きく分けて5つの分野があります。
5つの分野とは、ショッピングや金融取引・金融情報・医療情報・法律情報・生活に関係のあるニュースや公式情報です。
「ショッピングや金融取引」であれば、通販サイトの支払いや送金に関する内容が含まれます。
「金融情報」には投資や税金、家などの高額な買い物に関係する内容が含まれます。
「医療情報」であれば、医療関連の他にも普段の健康に関するアドバイスなどがあります。

最近のアップデートでは、YMYL関連のコンテンツに求められる条件として新たに「安全性」が追加されました。
最新のガイドラインには「YMYL関連の記事にはユーザーの幸福・健康・経済的な安定性・安全に配慮を払うことが求められる」と記述されています。
Googleのガイドラインによると、YMYLには自動車の安全や養子縁組も含まれるとあります。
ガイドラインによると非常に幅広い分野がYMYLに含まれるので、コンテンツを作成する際は中立的で正確な情報を提供するように心がけるようにしましょう。

関連記事