パソコンを使用する男性

サイトのアクセス数を得るためには、大手検索エンジンのGoogleで検索順位が高くなるような方法でSEO対策を実施することが重要です。
従来の検索エンジンは単純に検索キーワードや被リンクの数が多ければ、検索結果の上位に表示されていました。
最近はAI技術が進歩し、プログラムが自動的に各ページの質を評価します。

Googleでは検索順位やヒットのしやすさに関係するコアアルゴリズムの改良を実施していて、過去に何度か大型アップデートがおこなわれました。
アップデートが実施されるとサイトの評価基準が大きく変わる場合があり、新たなアルゴリズムに対応したSEO対策をしなければ検索順位が下がってしまう恐れがあります。
効果的にSEO対策を実施するためには、Googleの評価方法を把握した上で良質コンテンツの制作が求められます。

GoogleコアアルゴリズムGoogleでは、サイトや各ページの品質(ユーザーにとって有用かどうか)を評価するための基準となる「検索品質評価ガイドライン」を設けています。
Webページやコンテンツを作成する際は、最新の「検索品質評価ガイドライン」を意識することが大切です。

大変動アップデートGoogleでは2012年以降に何度か大きなアップデートを実施してきました。
2012年以降の大型アップデートでは、サイトやWebページの専門性・信頼性や使いやすさが重視されています。
2012年以降に実施されたペンギンアップデートやパンダアップデートでは、被リンクの質や記事の独自性・専門性が重視されるように変更されてきました。

外部対策重要化従来のアルゴリズムでは、被リンクの数やページのキーワードのみが重視されていました。
大型アップデート以降は、外部サイトに貼られた被リンクの質も考慮されるように変更されています。
従来のアルゴリズムであればサイトの内部対策でも十分でしたが、現在は外部対策も実施する必要があり外部対策重要化になっています。

現在でもGoogleでは、小規模なアップデートが頻繁に実施されています。
最近はモバイル機器でアクセスする人が増えていることから、モバイルフレンドリーが重視されるようになりました。
良質コンテンツと評価されるためには、モバイルフレンドリーに対応することが必要です。

最近は、サイトの評価基準にYMYL品質(YourMoneyorYourLife)が追加されています。
YMYL品質とは、金銭や生活に関する記事の質を重視してサイトの評価を決定するものです。
ユーザーのMoney(お金)やLife(生活)に直結する記事が含まれるコンテンツの品質は、正確性・信頼性が特に重視されるので注意が必要です。

記事一覧

検索上位に表示されるようにしてアクセス数を得るためには、内容の薄いページや不適切なバックリンクを設け...

パソコンを見ながら悩んでいる男性

Googleは2012年4月に、ページの評価方法に関する大幅なコアアルゴリズムの変更を実施しました。...

パソコンを使用する女性

2011年2月に、Googleは検索結果のヒットや順位を決定するアルゴリズムに大幅な変更を実施しまし...

パソコンを見る女性たち

2011年以前であれば、Googleや他の検索エンジンで検索順位を上げるのにコンテンツに使用されるキ...

パソコンの画面

従来のサーチエンジンでは、単純にキーワードのヒット率や被リンクの数だけで各サイトやページが評価されて...